こんばんは、マッハ大好き、マッハ滝川@マネテク!です。

先日、いつものようにfeedlyでYahoo!ニュースの見出しを見ていて手が止まりました。

JAL、マッハ2.2で飛ぶアメリカの航空ベンチャーに資金提供。実現すればアメリカ西海岸まで5時間半に

 JAL(日本航空)は、12月5日にアメリカ・デンバーを拠点とする航空ベンチャー企業であるBOOM社(BOOM TECHNOLOGY)に対して1000万ドル(約11億円)の資金提供を含めたパートナーシップ関係の締結を発表した。BOOM社は現在、コンコルド以来の超音速旅客機の開発に取り組んでいる。

コンコルド並みのマッハ2.2を計画中

 BOOM社が現在開発中の飛行機は「マッハ2.2(時速2335キロ)」の巡航速度での運航を計画しているが、コンコルドとほぼ変わらない速度となる。ちなみに現在飛行している大型機の多くは時速800~900キロとなっている。開発中の飛行機の航続距離は8334キロ(約5210マイル)で、全席ビジネスクラスを想定し、45~55席程度の座席数を予定している。2003年10月に運航を終了したコンコルドが100席だったことを考えると約半分の座席数となる。

サンフランシスコへ5時間半、シンガポールへ3時間

(略)
残念ながら現在の計画ではヨーロッパ主要都市やアメリカ東海岸までは届かないのだが、届く路線においては現行の約半分の時間で目的地に到着できることを想定している。
(略)

陸地の上空での超音速飛行禁止など課題も多い

 現状、アメリカをはじめとして、多くの国では陸地の上空においての超音速飛行が禁止されていることもあり、基本的には洋上飛行を中心とした路線に投入されることになる。そうなると、ビジネス利用が見込めてグローバル企業のアジアの拠点が多く集まるシンガポール線、また北米ではサンフランシスコ線あたりに飛ぶ可能性が十分に考えられる。
(略)
 JALは今回の出資について「技術の進歩により、安全で性能が良く、経済性のある機体の実現に挑戦するベンチャーが出現してきた中、「移動時間短縮」という価値の創造をJALとしてもその可能性を追求したいと考えた。また、超音速旅客機の実現に向け、開発段階から深く連携していくために出資を決めた」と話す。

実用化へ向けてのスケジュールは

 BOOM社は、燃費効率においてはコンコルドよりも優れ、航空運賃もビジネスクラス並みで提供できる機体の製造を目指している。だが50席規模の航空機ということを考えると、現実的にはファーストクラスに近い運賃でないと収益を出すのは難しいだろう。少なくてもビジネスクラス運賃以上になる公算が大きい。
(略)

(参考リンク)
・JAL、マッハ2.2で飛ぶアメリカの航空ベンチャーに資金提供。実現すればアメリカ西海岸まで5時間半に(鳥海高太朗) – 個人 – Yahoo!ニュース

JALのコンコルド

この記事を見て最初に思ったのは、機体がコンコルドによく似ているということです。
やはり超音速で飛ぶ、ということを考えると同じような形になってくるんですかね。

ちなみにかつてJALはコンコルドの導入を計画していたそうで、以前秋葉原にあった交通博物館で、JAL仕様のコンコルドの模型が展示されていたことを思い出しました。
探してみたところ、閉館直前に妻と一緒に交通博物館を訪れた時に撮った写真がありました。
懐かしいですね…(笑)。

20060505140646

ニーズがあるか

航空需要そのものは高まりを見せているものの、大金を払ってでも短時間で移動したい、というニーズがどこまであるのかは正直未知数だと感じます。
現在のビジネスクラス並みの運賃であればビジネスによる需要は十分見込めるような気もしますので、うまく実現することを期待したいと思います。

今日のマネテクポイント

就航は最短で2023年となっています。
シリコンバレーへの出張とかで乗ってみたいです(笑)!