こんばんは、ブラックジャック大好き、よろしく滝川@マネテク!です。

さて、佐藤秀峰さんと言えば「海猿」や「ブラックジャックによろしく」などで有名なマンガ家さんですが、その代表作である「ブラックジャックによろしく」を無料配信したり、出版社に対する不満を露わにしたりとなかなか先鋭的な方、というイメージです。


そんな佐藤秀峰さん、電子書籍1冊11円という破格のセールを行うことで印税を1億3千万円以上獲得したとのことです。


電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」

電子コミック販売サイト「漫画onWeb」や電子書籍取次サービス「電書バト」などを運営する漫画家の佐藤秀峰さんは、2月に伝書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で販売するセールの効果で、2月の売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにした。売り上げトップだった佐藤さん本人には、1億3000万円以上の印税が入ったという。

佐藤さんは、1億3388万円という額について「1カ月間のロイヤリティ金額としては、控えめに言っても、これまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみている。紙の書籍の印税で同額を稼ぐには、単行本を約300万部を売り上げる必要があるという。

販売したタイトルは新作ではなかったが、「大幅な値引きを行なった上で、取り扱い全作品を一気にセールに投入する」という作戦が奏功し、大きな売り上げにつながったとみている。

参加した作家からは「紙の本ではほとんど利益を産まなかった作品が、電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、ということに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」と感想が寄せられたという。

電子書籍は追加コストがほぼゼロなので、価格設定は紙の本とは全く異なってきますね。

私も、同時期のKindleのセールで佐藤秀峰さんの「新ブラックジャックによろしく」や「特攻の島」を購入しましたが、1冊11円となると心理的な抵抗なくまとめ買いをすることになり、価格戦略としては非常に秀逸だと感じました。

こういった戦略により過去の名作が掘り起こされるのは、作家にとっても読者にとってもウェルカムなことだと思いますので、マンガに限らず、こういった動きが広がるとよいなぁと思います。
でもシリーズ物なので、マンガが一番フィットしますかね。

(参考リンク)
・電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」 (ITmedia ニュース) – Yahoo!ニュース