マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めている
ジョージ滝川@マネテク!です。

というわけで、久方ぶりのマネテクネタリストです。
化石化しているニュースもありましたが、
なかなか興味深いニュースもありました。
時間さえあれば個別の記事を書きたいところですが…。

(今日の一言)
・手動ドアとか、始発の駅では普通にやるべきですね。
・オーストラリアの選挙制度、意外といいかも…。

(過去記事)
・マネテクネタリスト 2013/8/18 787版

medium_2282812623
photo credit: amirjina via photopin cc


・日航便ボンバル機でエンジン火災、乗客は無事 大阪空港 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

(5月)6日午後0時15分ごろ、大阪空港に着陸した大分発の日航2362便ボンバルディアCL-600型機が誘導路上を走行中、胴体後部の右側エンジンに火災が発生したとの計器表示が出て警報器が作動した。日航などによると、運転士はエンジンを停止し、消火装置を作動。右側のエンジンには、煙など火災の痕跡を確認したという。乗客52人と乗員3人にけがはなかった。

・米ボーイング、787型機の消火装置不具合は供給元に原因=報道 | Reuters

8月16日、米航空機大手ボーイングは、787型機に搭載されたエンジン用消火装置に配線ミスが見つかった問題で、供給元でのボトル製造に原因があったことを明らかにした。ボーイングはWSJに対する声明で、配線ミスは「運航上の安全問題ではない。ボトルのみがエンジンの消火手段となっているわけではない。消火システムには余剰の装置が用意されている」と述べ、消火システムが発動されてもエンジンの性能に影響はないとした。

・冷気逃がさない!東京駅などで電車ドアを乗客が開閉

東海道線の東京駅や品川駅など5つの駅では、一部の列車について乗客がボタンを押してドアの開け閉めをできるようにしました。始発の駅では、停車してドアが開いたままの時間が長く、「冷房がきかない」などの声が寄せられていました。この方式は東京駅と品川駅では始発から午後3時まで、ほかの3つの駅では終日行われます。

・全日空、客室乗務員の契約社員採用を廃止 正社員に切り替え – MSN産経ニュース

全日本空輸は19日、客室乗務員の契約社員採用を廃止し、平成26年度入社からは正社員採用に切り替えると発表した。航空業界は、格安航空会社(LCC)の台頭や海外勢との競争激化が著しい。客室乗務員の正社員化を進めることで、より優秀な人材を安定的に確保し、サービス向上やライバルとの差別化を図る。一方、日本航空の場合は客室乗務員を1年間の契約社員として採用し、3年経過後に本人の希望や勤務実績などを踏まえて会社側が正社員に登用するかどうかを判断するとしている。

・新幹線党や海賊党、コーラ党…豪選挙に過去最多54党 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

オーストラリアで来月7日の総選挙と同時に行われる上院選(改選数40)では、過去最多の54党が名乗りを上げている。シドニーの北からメルボルンまでの開通を求める「オーストラリアに新幹線を党」や、安楽死や同性婚の合法化を目指す「セックス党」など、ユニークな政党も多い。生きた家畜の輸出禁止などを訴える「動物正義党」の悩みは、「我が党を支持してくれる動物には投票権がないこと」だ。「海賊党」や「水飲み場にコーラを党」など、一風変わった政党も。25党だった2010年の前回上院選と比べ、移民の受け入れを拒む人種差別主義的な政党も大幅に増えた。豪州では、500豪ドル(約4万5千円)を払い党員500人の署名を集めれば政党を立ち上げられる。投票しないと罰金を科す義務投票制で、当選させたい候補者から順に候補者全員に番号をふって投票することができるため、政治に無関心な層などを狙って「だめもと」で出馬し、「新党」を立ち上げる候補者も多いという。