こんばんは、ANA大好き、
全日空滝川@マネテク!です。

ANAが点検結果の書類不備で29便を欠航させた、というニュースです。


・時事ドットコム:全日空、計29便を欠航=書類不備で再点検、2400人に影響

全日空、計29便を欠航=書類不備で再点検、2400人に影響

 全日空は31日、同社が保有するエアバスA320型機の12機で、委託した整備の書類に不備が見つかったため、再点検した。異常はなかったが、中部国際空港や新千歳空港などを同日発着する国内線計29便が欠航し、約2400人に影響が出た。
 全日空によると、同型機の定期的な整備を中国・上海の現地企業に委託していた。国土交通省が30日に定期監査に入ったところ、整備記録を記した書類に不備が見つかり、主翼にある部品の取り付け状況をきちんと検査したかどうか分からない状態だった。
 全日空が整備の終わった機体を引き取るときには気付かなかったといい、中には1年3カ月間、書類が不備のまま飛行していた機体もあった。

一義的には点検記録をきちんとつけていなかった
中国の現地企業が悪いと思いますが、
ANAもきちんと確認できていなかったわけで、
もしこれを原因とする事故が起こっていたらと思うと怖いですね。

実際には点検はきちんと行われており、
書類に不備があっただけなのだとは思いますが、
きちんと対応してもらいたいと思います。

それにしても、国土交通省の監査はきちんと見ているんですね。
半沢直樹の調査臨店や金融庁検査とは違いそうですね(笑)。