こんばんは、タイ大好き、
微笑み滝川@マネテク!です。

そういえばドカベンに、微笑三太郎っていう人がいましたね。
懐かしい…。

というわけで、タイ航空が
事故機のロゴを塗りつぶしたことが話題になっています。


・事故機のロゴ塗りつぶし、逆に注目集める タイ国際航空 (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

事故機のロゴ塗りつぶし、逆に注目集める タイ国際航空

タイの首都バンコクのスワンナプーム国際空港で8日夜、タイ国際航空の旅客機が滑走路を外れる事故を起こした。機体に描かれていたタイ国際航空のロゴが事故後に黒いペンキで塗りつぶされ、同航空の意図とは裏腹に注目を集めている。

中国の広州から到着したタイ国際航空のエアバスA330-300型機は同日午後11時20分ごろに着陸した際、着陸装置に不具合が発生し、滑走路を外れた。着陸時に負傷者は出なかったが、避難する際に13人が軽傷を負い、病院に運ばれたという。

この事故の後、クレーンに乗った作業員が、機体前部と尾翼に描かれていたタイ国際航空のロゴをペンキで塗りつぶした。

同航空はこの措置について当初、国際航空連合のスターアライアンスが推奨する規定に従って、自社のイメージを守るためにロゴが見えないようにしたと説明していた。

これに対してスターアライアンス広報は、同アライアンスのポリシーでは事故対応としてロゴを覆い隠すことは定めていないと反論。タイ国際航空は後に改めて声明を出し、「タイでは一般的に、事故後に機体の会社名を消す措置を取っているが、これはスターアライアンスのポリシーではない」と発表した。

結局のところ、なぜロゴを塗りつぶしたのか不明ですね…。
スターアライアンスの規定、はもちろん、
タイでは一般的に、という説明も無理があるように思えるのですが…。

幸いなことに、事故原因の究明はきちんと進めようとしているようですので、
事故は塗りつぶさずにきちんと調査して欲しいと思います。