こんばんは、文藝大好き、
春秋滝川@マネテク!です。

過去にも何度か取り上げたことがあったような気がしていますが、
中国の春秋航空がついに日本に就航するようです。

(過去記事)
・中国のLCC、春秋航空が国内線に参入:マネテク!
・中国の春秋航空が日本国内線に参入!:マネテク!


・中国系LCC、来年5月就航=成田拠点、広島・高松・佐賀へ – WSJ.com

中国系LCC、来年5月就航=成田拠点、広島・高松・佐賀へ

 中国の格安航空会社(LCC)春秋航空傘下の春秋航空日本(千葉県成田市)は5日、成田空港を拠点とし、広島、高松、佐賀に向かう国内3路線を2014年5月末に就航させると発表した。各路線とも1日2往復運航する。日本国内に拠点を置くLCCは4社目となる。

国内のLCCは、何気に苦戦が続いているような気もします。

(過去記事)
・日本のLCC、実はヤバい状況?:マネテク!

やはり、単純に安くするだけではなく、
別の面で客単価を上げるような工夫が必要なのかなぁ、
というのが管理人の個人的な感触です。

安く乗れる、というより、安く乗ることができる、
という方が適切なのかもしれません。

LCCという形態自体が日本人の感覚にフィットしないのではないかという
懸念もなくはないのですが、
LCC各社には頑張って欲しいと思います。