こんばんは、オイル大好き、
オイリー滝川@マネテク!です。

昔の職場で脂性の先輩が、お局様から油田と呼ばれていました。
不覚にも笑ってしまいました(笑)。

というわけで、JALの777がエンジントラブルでオイル漏れ、
というニュースです。


・朝日新聞デジタル:日航機、福岡に引き返す エンジンからオイル漏れか – 社会

日航機、福岡に引き返す エンジンからオイル漏れか

 5日午前9時ごろ、福岡発東京行き日本航空304便(ボーイング777型)が飛行中、右側エンジンの異変が表示された。同機は右側エンジンを止めて福岡に引き返し、午前9時20分に緊急着陸した。乗客・乗員計250人にけがはなかった。

 日本航空によると、午前8時27分に出発して約30分後にエンジンの異変を覚知した。国土交通省福岡空港事務所などによると、エンジンからオイルが漏れた可能性があるという。誘導路では、作業員がエンジンから漏れたオイルのようなものを拭う姿が見られた。

管理人がこのニュースに注目した理由はただ一つ、777だからです。

もっと言うと、787ではないからです。

ここ最近、この手の航空機トラブルのニュースと言えば787関連ばかりでした。
787以外の機種ではトラブルが起きていないため
787しかニュースにならないのか、
787以外の機種でもトラブルが起きているにも関わらず、
話題性の観点でニュースにならないのか、
はかりかねていたのですが、どうも前者だったようです。

そう考えると、やはり787の安定感のなさは結構不安なレベルですね…。
早くトラブルのニュースがなくなるようになればいいと思います。