こんばんは、ライオン大好き、
ライオン滝川@マネテク!です。

完全にどうでもいいニュースです(笑)。

中国の動物園で、犬をライオンとして展示していたが、
吠えてバレたという、にわかには信じ難いニュースです。


・CNN.co.jp : 大型犬を「ライオン」として展示、吠えてばれる 中国の動物園

大型犬を「ライオン」として展示、吠えてばれる 中国の動物園

中国河南省の動物園がこのほど、大型犬をライオンとして展示して来園者の怒りを買っている。

子どもと一緒に動物園を訪れた女性は国営紙北京青年報に対し、「アフリカライオン」と表示された檻(おり)に大きく毛がふさふさの生き物がいたと語る。檻に近づくと犬の声で吠えたため、女性はショックを受けたという。「動物園は完全に私たちをだまそうとしている。犬をライオンに見せようとしている」と女性は語った。

檻にいたのはチベタン・マスティフという毛の長い大型犬だった。
同紙によると、この動物園ではオオカミの檻でも犬を展示。ヒョウの檻には白いキツネがいたという。

素朴な疑問なのですが、中国の人は
ライオンがどういう見た目なのか知らないんですかね?
吠えなくても、ライオンじゃないって
分かるような気がするのは管理人だけでしょうか…(笑)。

アフリカに行って、サファリでライオンを見たいです!