こんばんは、イギリス大好き、
英国紳士滝川@マネテク!です。

先日ジョージも生まれましたし(?)、
イギリスとは今まで以上に仲良くしたいですね。

というわけで、日立がイギリスの鉄道事業で追加受注したという話題です。

medium_9326955803
photo credit: R~P~M via photopin cc


・英で高速鉄道追加受注へ=1800億円で270両—日立 – WSJ.com

英で高速鉄道追加受注へ=1800億円で270両—日立

 日立製作所は18日、英国の都市間高速鉄道で、新たに車両270両の受注が内定したと発表した。受注額は約12億ポンド(約1800億円)。日立は英運輸省から昨年7月、車両596両の製造や保守などを受注している。今回、追加受注の見通しが立ったことで、日本企業によるインフラ輸出の推進に弾みがつくと期待される。

 日立の英鉄道事業への参加は、日本政府と経済界が成長戦略の一環として取り組んできたインフラ輸出の成功例とされている。追加受注により、全体の事業規模は当初の約45億ポンド(約6800億円)から約58億ポンド(約8800億円)に膨らむ。

日本にとっては素晴らしいことですね。
中国に技術供与してパクリ商品を作られるより、
もっと世界に目を向けて
日本の高度なインフラを売って行く方がいい気がします。

世界の中での日本のプレゼンスを高めるためにも、
ぜひ今後も優れた日本の技術で世界中の人々に
安全で快適なサービスを利用してもらえるようになればいいと思います。