マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めている
ジョージ滝川@マネテク!です。

相変わらず787関連のトラブルはポツリポツリと出ています。
そろそろ落ち着いてもいい頃だと思うのですが…。
まだまだ続く、ということだとすると、
やはりそもそもの作りが大丈夫なんだろうかと
心配になりますよね…。

(今日の一言)
・787だから報道されているだけなのか、
 他の機種と比べてトラブルが多いのか、謎です…。

(過去記事)
・マネテクネタリスト 2013/8/16 アシアナ版

medium_5901542240
photo credit: HAMACHI! via photopin cc


・朝日新聞デジタル:JAL、ボストン発のB787に不具合表示 空港に戻る – 社会

18日午後、米ボストン発成田行きの日本航空007便(ボーイング787型機)が整備のため、離陸後に再びボストンへ引き返すトラブルがあった。ボストンのローガン空港によると、不具合を示す表示があったための予防的な措置で、問題なく着陸したという。AP通信によると、燃料ポンプに問題が起きている可能性があることを示す表示が出たという。

・B787発火事故、無線機の電池は米ウルトラライフ製=関係者 | Reuters

7月15日、ロンドンのヒースロー空港でエチオピア航空のボーイング787型機が発火した問題で、航空機用救命無線機に使用されているマンガンリチウム電池は、米ウルトラライフ製だった。

ハネウェルによると、同ELTにはマンガンリチウム電池が使用されており、2005年以降3000台が生産されているが、安全性に関する問題は報告されていない。・全日空787で配線ミス 日航機も引き返し点検 – MSN産経ニュース

14日午前0時半ごろ、出発前の羽田発フランクフルト行き全日空203便ボーイング787で、エンジン用消火器に配線ミスが見つかり、修理のため出発が約1時間40分遅れた。他の787も点検したところ、2機で同様の配線ミスがあった。連絡を受けた日航も、飛行中のヘルシンキ行き787を成田空港へ引き返させて点検を始めた。