こんばんは、荷物大好き、
お荷物滝川@マネテク!です。

誰か私を運んで下さい…。

というわけで、成田空港で発生した荷物検査装置の故障の話題です。


早朝の成田空港で…荷物検査の装置が故障

早朝の成田空港で…荷物検査の装置が故障(07/11 11:47)

 成田空港でスーツケースなどを検査する装置が故障し、航空会社のスタッフらが手作業で荷物を運ぶなど対応に追われました。

 成田空港会社によりますと、11日午前7時20分ごろ、成田空港第2旅客ターミナルで、預けた荷物に爆発物が入っていないかを検査する装置のシステムが故障しました。このため、荷物を運ぶベルトコンベヤーも止まり、航空会社のスタッフらが手作業で荷物を運ぶなど対応に追われました。部品を交換し、約3時間後にシステムは復旧しました。今のところ、出発便に遅れはありません。

人海戦術で対応し、出発便の遅れなし、というのは優秀ですね。
3時間で復旧、というのも優秀だと思います。

この辺のリスク管理は、
どの程度備えておくか難しいところではあると思いますが、
航空業界はその辺りは比較的堅実な管理がされているような気がします。

もちろん、故障しないのが一番ですけどね…。