こんばんは、エアー大好き、
ジョーダン滝川@マネテク!です。

先日エアアジア・ジャパンのリブランディングの話題を取り上げましたが、
エアアジア・ジャパンの大規模欠航の話です。

(過去記事)
・エアアジアジャパンがリブランドに向けて欠航:マネテク!


・朝日新聞デジタル:エアアジア・ジャパン、600便欠航へ 9月と10月 – 経済・マネー

エアアジア・ジャパン、600便欠航へ 9月と10月

 ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは26日、9月1日から10月26日までに計604便を欠航すると発表した。「エアアジア」(マレーシア)との提携解消で、エアアジアから借りている2機を9月末までに返すよう求められ、飛行機が足りなくなるという。

 欠航するのは、愛知県の中部空港発着の新千歳(札幌)、福岡、ソウル便。10月以降は、成田―新千歳(札幌)の一部と成田―那覇線も欠航する。欠航便を予約済みの乗客は1万4千人おり、他社便への振り替えなどで対応するという。

2か月で600便は結構多いですね。

また、今まで知らなかったのですが、
エアアジアから普通に機体を借りていたのですね。

細かいところまでは分かりませんが、同じような塗装だと思われますので、
その辺りもローコストなのかもしれません。

既に予約していた方は、ご注意頂ければと思います。