こんばんは、富士山の麓に住んでいたこともある、
SHIZUOKA滝川@マネテク!です。

世界遺産に登録されることになった富士山ですが、
これに伴い登山客が増加することが見込まれるため、
入山料を取って登山客を抑制する、というニュースです。

medium_4533649905
photo credit: hide99 via photopin cc


・朝日新聞デジタル:富士山入山料、千円安い? 登山者減らす効果、京大解析 – 社会

富士山入山料、千円安い? 登山者減らす効果、京大解析

 世界文化遺産登録が確実となった富士山の入山料はいくらがいいか――。京都大の栗山浩一教授(環境経済学)らは、登録に伴って登山者数が増えすぎるのを抑えるためには「千円だと安すぎてほとんど効果がない」などとする研究結果をまとめ、4日発表した。

 環境省の調査だと、昨夏の8合目付近登山者数は31万8565人。これが、入山料を500円にすると2%、千円で4%、3千円で1割、6千円で2割、1万円で31%減るという結果になった。半減には2万円が必要だった。千円程度だと効果が低い理由は、多くの人は実際にかかった旅行費よりかなり高額であっても、富士山に登りたいと思っているためという。

確かに1000円では効果がなさそうな気がしますが、2万円で半減とは…。

逆に、入山料を利用して清掃等を行うと仮定、
つまり、清掃等の費用を変動費として考えた時に
収益が最大化するのはいくらなんだろう、と気になってしまいますね。

個人的には、景観を守ることを第一に考えるのであれば
ある程度高くても構わないと思います。
一方でより多くの人に富士山に登ってもらうのが目的であれば、
1,000円でもよいかと思います。
いずれにしても、入山料を有効活用して
富士山の魅力をさらに高めて欲しいですね。