こんばんは、超音速大好き、
スーパーソニック滝川@マネテク!です。

好きな飛行機は、コンコルドです!
あと、セスナ(笑)。

というわけで、超音速旅客機につながりそうな話題です。

medium_7817802398
photo credit: Pyro’s Pictures 2011 via photopin cc


・無人の超音速試験機公開=衝撃波低減、北欧で実験へ—旅客機目指す・JAXA – WSJ.com

無人の超音速試験機公開=衝撃波低減、北欧で実験へ—旅客機目指す・JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、宇都宮市にある富士重工業の工場で、無人の超音速試験機を報道陣に公開した。超音速飛行に伴う衝撃波による爆音(ソニックブーム)が小さくなるよう、機体の形を工夫してあり、エンジンは付いていない。7月下旬から8月にかけて、スウェーデンで滑空実験を2回行う。

 試験機は全長約7.9メートル、翼の幅が約3.5メートル、重さ約1トン。細長い先端部を微妙に下へカーブさせ、後端の下部を波打つような形にした。実験は気球で試験機を高度約30キロまで持ち上げてから分離し、自動制御によりマッハ1.3(音速の1.3倍)で滑空させる。同じ機体が2機あり、製造費は1機約4億5000万円。

詳しいことは分かりませんが、実用化されれば
日本~アメリカ西海岸が2時間ということなので、これはいいですね。

旅行の時に現地で過ごす時間が増えるのは
もちろんメリットになると思いますが、
小さい子供など、飛行機に乗ることが負担になる人にとっても、
メリットになると思います。

日本発の技術で実現したら、本当に素晴らしいですね。
期待したいと思います。