マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めている
ジョージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

というわけで、ボーイング787関連のニュースをまとめてみました。

(今日の一言)
原因不明なままではありますが、安全性は確保されたというのが
オフィシャルな見解、ということのようです。
エチオピア航空がいち早く運航再開し、
ANAも6月から運航再開、となりそうですが
安全対策、原因究明は継続して欲しいと思います。

(過去記事)
・マネテクネタリスト 2013/4/24 B787関連

787 ZA001 (ANA colors) First Flight - Departure from KPAE
787 ZA001 (ANA colors) First Flight – Departure from KPAE / Gordon Werner


B787運航再開 時期尚早との声も NHKニュース

FAAは、今回の改修を行えば、たとえバッテリーの内部で異常が起きたとしても出火にはつながらないとしていて、原因が特定できていなくても安全性は確保できるとしています。

原因未究明、残る不安 B787承認 「説得性欠く改善」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

国交省は、社会的影響も念頭に置きながら、早期の判断を目指していたが、原因究明の糸口さえも見いだせない段階での承認に懸念も出ている。

B787、世界初の運航再開=エチオピア航空がケニア便で (時事通信) – Yahoo!ニュース

1月のバッテリートラブルを理由に最新鋭中型旅客機ボーイング787型機が運航停止となっていた問題で、エチオピア航空は27日、世界の航空会社で初めて同型機の商業運航を再開した。

・全日空がB787確認飛行、6月運航再開へ(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

28日、全日空が行った確認飛行では、伊東信一郎会長やボーイング社の幹部らが搭乗し、2時間にわたる飛行中に改良されたバッテリーの動作などが確かめられ、問題はなかったということです。