マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めている
ジョージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

というわけで、管理人の怠慢によりちょっと前のニュースが中心になりますが、
久しぶりのマネテクネタリストです。

(今日の一言)
ボーイング787が着々と運航再開に向けて準備を進めているようです。
ただ、原因がはっきりとしないような印象もあり、
不安の解消にはもう一歩踏み込んだ説明が必要なように思います。
スーパーこまち、乗りたいです。
しかし、「スーパー」というネーミングは若干安直な気がします(笑)。

(過去記事)
・マネテクネタリスト 2013/3/10


<秋田新幹線>「スーパーこまち」お目見え 最高300キロ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スーパーこまちは秋田-東京間を従来のE3系(こまち)より5分短い最速3時間45分で結ぶ。盛岡-東京間の最高速度は25キロ速くなった。

ボーイング首脳、数週内の787再運航に自信 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース BUSINESS

B787で生じた一連の異常過熱の原因は今も判明されていないが、ボーイング社は再発防止に向けて、設計見直しによるバッテリーの改善策をまとめ、FAAに提出。3月12日に改善策としての認証を得た。会見の席上、コナー社長は、「(運航)再開は何カ月後というより、何週間後という認識を持っている」と問題解決への自信を見せた。

朝日新聞デジタル:1200人空港で一夜 千葉・成田、強風で欠航相次ぐ – 千葉 – 地域

空港会社によると、13日は出発便のうち40便が欠航、または14日への出発延期になった。米ネブラスカ州へ夫婦で行く予定だったベトナム人女性(65)は「寒くて眠れなかった」と話していた。

ボーイング、787ドリームライナーを強く擁護 – WSJ.com

ボーイング(NYSE:BA)は15日、最新鋭中型旅客機787型機(ドリームライナー)を強く擁護しながら、バッテリーシステムの問題をいかに解決するかを詳細に説明した。

B787、4月にも運航再開か 米航空局が改善計画承認 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

米連邦航空局(FAA)は12日、バッテリーからの出火トラブルで運航停止中の米ボーイングの787型機について、ボーイングが提出したバッテリーの改善計画を承認したと発表した。今後は試験飛行を実施し、早ければ4月にも、米国で運航再開が認められる可能性が出てきた。