こんばんは、ジョージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

たまには普通にあいさつしてみたりもします(笑)。

今回は、先日のボーイング787の緊急着陸を振り返ってみたいと思います。

【i3DSteroid】3D parallel : Boeing 787-8 Dreamliner Google SketchUp 3D model by MoniMark (iPad App Cubits)
【i3DSteroid】3D parallel : Boeing 787-8 Dreamliner Google SketchUp 3D model by MoniMark (iPad App Cubits) / pinboke_planet


・<787機>「機内に焦げた臭い」 乗客脱出 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

<787機>「機内に焦げた臭い」 乗客脱出

 故障や燃料漏れなどのトラブルが相次いでいる最新鋭の中型旅客機ボーイング787が16日、高松空港に緊急着陸した。詳細な原因は不明だが、機長からは「操縦室から煙が出た」と説明があったという。

 同空港に緊急着陸後は「脱出」のかけ声がかかり、乗客は次々に緊急脱出用シューターで地上に脱出した。男性は毎日新聞の取材に「本当にこのまま墜落してしまうのではないかと思った。本当に驚いた」と驚きを隠せなかった。

 機内は落ち着いた様子だったが、着陸後に脱出用シューターが開いた後、客室乗務員が「煙が出ている」と声を上げたことで、出口へ急ぐ人が目立った。航空機から離れた後、他の乗客からは「怖い」との声が相次いだという。

脱出用シューターは、飛行機に乗るたびに説明があるのでなんとなくイメージはしていましたが、
実際に脱出用シューターから乗客やCAが滑る降りてくる映像や、
機体の左右から脱出用シューターを下ろしている機体の映像を見た時には、
結構衝撃を受けました。

非常に高い期待に答えるため、
度重なるリリース延期で万全を期してきたはずのボーイング787だけに、
これまでに失った信頼を回復するためにも一刻も早い改善を期待したいと思います。