こんばんは、iPhone大好き、
iPhone滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

このブログの記事の9割はiPhoneとSimplenoteから生み出されています。
ちなみに残りの1割がMacBook Air。
つまり、Made in Appleなブログだと言えるかもしれません(笑)。

さて、そんなiPhoneのパスブックで航空機のチケットが利用できるようになっているという話題です。

passbook_airlines


・These Are the 10 Airlines Now Compatible With Apple's Passbook

リンク先の記事公開時点で利用できるのは以下の10社とのことです。

  • エアカナダ
  • アメリカン航空
  • ANA(国内線のみ)
  • ルフトハンザ航空
  • マレーシア航空
  • ポーター航空
  • カンタス航空
  • トルコ航空
  • ユナイテッド航空
  • ヴァージン・オーストラリア

結局のところ、2次元バーコードを使用するということであれば、
必ずしもパスブック形式にこだわらなくてもよいような気もしますが…。

管理人も、先日のiOS向けGoogle Mapsのリリースを受けて
愛用のiPhone4(ただし回線契約なし、モバイルルーターを利用してiPod touch的に使用)を
iOS6にバージョンアップしました。

正直、まだOSをアップデートした恩恵を実感できていないのですが、
パスブックを含め、今後使いこなしていきたいと思います。