こんばんは、星が大好き、
スター滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

LCCの世界でスターと言えばジェットスターですが、
国交省の厳重注意を受けています。

Jetstar A330
Jetstar A330 / Simon_sees


・計800便を変更・運休=国交省の厳重注意で―格安ジェットスター (時事通信) – Yahoo!ニュース

計800便を変更・運休=国交省の厳重注意で―格安ジェットスター

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは22日、機体整備をめぐり国土交通省から厳重注意を受けた問題で、12月6日から2013年3月30日にかけて、合計806便の運航ダイヤの変更、運休を決めたと発表した。影響を受ける予約者は計1万5646人に上るという。

 ダイヤ変更・運休の対象は成田―関西、成田―那覇、関西―那覇の3路線。このうち運休は262便で、既に4376人が予約していた。ダイヤ変更は544便で、1万1270人が影響を受ける。同社は払い戻しに応じるほか、自社の運航便への振り替えも紹介する。 

そもそもジェットスターが厳重注意を受けた原因ですが、
社内規定で定められた確認責任者の要件を満たさない整備士が
最終確認を行っていたことが発覚したためです。

・朝日新聞デジタル:ジェットスター社を厳重注意へ 整備士が規定満たさず – 社会

幸いなことに整備自体に問題は認められず、
現在正規の確認責任者が最終確認を行っているようですが、
ダイヤの変更や運休は不可避なようです。

個人的には、整備がきちんとされていることの確認さえ取れれば、
運休までしなくても、という気もしますが、厳重注意に対する対応なのでしょうかね。

と思って調べてみたところ、

 ジェットスターは関空での準備作業を一時中断し整備体制の見直しを進め、12月17日にも再発防止策を国交省に提出する予定。このため当面の間、関空での整備作業を伴う駐機が難しくなり、関空拠点に早朝出発・深夜到着する便の運航ができなくなる。

ということのようです。

(引用元)
ジェットスター、一部路線の就航見送り 厳重注意受け :日本経済新聞