こんばんは、成田空港大好き、
海老蔵滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

成田屋ってことで、成田つながりです、念のため(笑)。

若干関係ないですが、昔カニ蔵っていましたよね。
めちゃくちゃ面白かったです。

というわけで、成田空港のニュースです。


・成田空港着陸料5.5%引き下げ “割高”払拭、競争力高める – SankeiBiz(サンケイビズ)

成田空港着陸料5.5%引き下げ “割高”払拭、競争力高める

 成田国際空港会社(千葉県成田市)は13日、国際線着陸料を2013年4月から全機種平均で5.5%引き下げると発表した。引き下げは05年10月以来、7年半ぶり。成田空港の着陸料は世界的に割高とされており、ソウル・仁川や上海・浦東など近隣国の空港との競争力を高める。

 着陸料は現在、航空機の騒音指数に応じて1トン当たり1650~2100円に設定されているが、それぞれ100円ずつ引き下げる。着陸料全体では年間約21億円の減収となるが、事務所費の割引廃止などで実質的な減収は約10億円にとどまるという。

 同社によると、値引き後はボーイング777-200型機で1回当たりで従来よりも約2万8000円安い約42万8000円。関西空港の約54万9000円より安いが、仁川の約19万5000円、浦東の約17万円との差は大きい。

成田空港の着陸料は世界的に見ても割高、とはよく言われますが、
実際に飛行機を運航させるためにかかる費用は着陸料だけではないので、
トータルで考える必要がある、という話もあります。

ただ、いずれにしても成田空港の着陸料が安くなれば就航する路線が増えたり、
あるいは運賃が安くなることもあるかもしれませんので、
われわれ利用者からすれば歓迎すべきことだと思います。

また、この動きも、背景にあるのはLCCの躍進であることは想像に難くありません。
夜間の飛行禁止等、競争には不利な条件もありますが、
LCCをテコに、成田空港にはさらに頑張って欲しいですね。

(過去記事)
・関空が着陸料を半額に
・着陸料割引の拡大で航空網維持へ