こんばんは、早く信管を抜いて欲しい
不発弾滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

仙台空港の滑走路付近で不発弾が発見されたというニュースです。

一時運航が止まっていましたが、現在は復旧しています。

仙台七夕2009
仙台七夕2009 / sendaiblog


・仙台空港再開、不発弾問題 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

仙台空港再開、不発弾問題

 滑走路近くで不発弾が発見されて30日に全便欠航した仙台空港で31日、午前7時台の始発から各便の運航が再開された。不発弾の周りに防護壁を設置、当面の安全が確認されたため。

 防護壁は、鉄筋コンクリートや土嚢で作られ、陸上自衛隊が作業。同日早朝に完成した。空港事務所によると、31日午後、陸自や海保、名取市、岩沼市などが会議を開き、合同対策本部を設置。撤去に向けた手順や役割分担を明確化させる文書案を作った。

 これによると、不発弾の処理は1日午前11時から陸自が実施。まずは浸透剤を信管に吹きかけ、抜きやすくする作業を行う。撤去日が決まれば、付近の住民に避難を要請、滑走路を一時全面閉鎖するという。

ちょっと気になったのですが、滑走路付近の不発弾がどのように発見されたんですかね?
何か工事でもしていて、地面を掘っていたのでしょうか…。

仙台空港と言えば、昨年の震災の際にも甚大な被害が出たことが
記憶にも新しいですが、あの時は見つからなかったんですね。

対応は自衛隊、ということで、やはり自衛隊は頼りになります。