こんばんは、関空大好き、
りんくうタウン滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

今回は、関空が着陸料を半額にするというニュースを紹介します。

背景にあるのは、もちろんLCCです。

KANSAI International Airport
KANSAI International Airport / MJ/TR (´・ω・)


・朝日新聞デジタル:関空の着陸料、半額へ 深夜・早朝の国際旅客便 – 経済

関空の着陸料、半額へ 深夜・早朝の国際旅客便

 関西、大阪(伊丹)両空港を一体運営する「新関西国際空港会社」は来春にも、関西空港で深夜早朝の国際線旅客便の着陸料を半額に引き下げる方針を固めた。コストに敏感な格安航空会社(LCC)を呼び込み、経営基盤を強化する。

 新関空会社は着陸料引き下げをテコに、関空国際線に占めるLCCの比率を、現在の14%から2014年度に25%に引き上げることをめざす。24日に発表する中期経営計画に盛り込む。

 現在は旅客便がほとんど就航していない午前1~6時の着陸料を5割引き下げ、航空機の重量1トン当たり約1千円にする。

午前1時に関空に着く便はなかなかきついですが、
午前6時前に着く便であれば、始発で帰宅してから出勤、
あるいはそのままオフィスに直行、というようなニーズにマッチしそうなので、
なかなかよさそうですね。
ただ、LCCということは国際線でも比較的近距離だと思いますので、
出発も深夜ということで、体力に自信がある若者向けの便になるかもしれません。

しかしながら、こういった施策でLCCを呼び込もうという関空には好感が持てます。
ぜひLCCをテコに、日本の空の活性化に貢献して欲しいと思います。