こんばんは、787大好き、
787滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

ボーイング787と言えばボーイング社の最新鋭旅客機ですが、
日本の技術がたくさん使われていることでも有名です。

そんな787の中央翼の工場が公開されました。

Boeing 787 Dream Tour - Sydney
Boeing 787 Dream Tour – Sydney / Christopher Neugebauer


・ボーイング機「787」中央翼の製造工場公開 富士重工  :日本経済新聞

ボーイング機「787」中央翼の製造工場公開 富士重工

富士重工業は10日、米ボーイングの旅客機の中央翼を製造する半田工場(愛知県半田市)の報道陣向け見学会を開いた。同工場は7月に中型機「787」向けの中央翼の組み立てラインを増設しており、フル稼働に向けた準備を進めている。ボーイングの増産方針を受けて2013年中に中央翼の生産機数を現状比2倍の毎月10機に引き上げる計画だ。

中央翼は航空機の主翼と機体を接続する重要部位で、787向け中央翼は高強度で軽量の炭素繊維複合材を採用した最先端品。同社は06年に787向け中央翼の量産を始め、これまでに100機以上を出荷済みだ。7月には787の派生機種の量産開始に合わせ、従来2本あった組み立てラインを3本に増やすなど、中央翼の増産体制の整備を急いでいる。

着々と増産に向けた準備が進んでいるようで、楽しみですね!
管理人的には、いまだに787に乗れていないので、
早く乗ってみたいなぁと思っています。

そういえば、周囲でも787に乗った、という話は聞かないですね。
羽田空港に787の写真を撮りに行った人はいましたが…(笑)。

今後も日本の技術力を活かして、よい飛行機(の部品)を作って欲しいと思います。