こんばんは、コーヒーと言えばアメリカン、
うすうす滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

ところで、アメリカンコーヒーって、薄いコーヒーのことだと思ってませんか(笑)?
浅く焙煎したコーヒーがアメリカンコーヒーらしいです。

・アメリカン・コーヒー – Wikipedia

話がそれましたが(笑)、アメリカン航空とUSエアウェイズの合併に関するニュースです。

American Coffee
American Coffee / Marshall Astor – Food Fetishist


・米AMRとUSエアウェイズ、経営統合を検討 | Reuters

米AMRとUSエアウェイズ、経営統合を検討

米アメリカン航空の親会社であるAMRとUSエアウェイズは31日、秘密保持契約(NDA)に署名し、経営統合の可能性を検討していくことを明らかにした。

統合が実現すれば、世界最大の航空会社である米ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスに匹敵する航空会社が誕生することになる。

2011年のAMRとUSエアウェイズの売上高は合計で370億ドルで、ユナイテッド・コンチネンタルとほぼ同水準。

アメリカの航空会社合併と言えば、デルタとノースウエストとか、
ユナイテッドとコンチネンタル、なんて事例が思い浮かびますが、
合併の動きは止まらないようです。

それにしても、アメリカは航空会社が多いですね。
国が広いのでそれだけニーズもある、ということなのかもしれませんが、
結構大手の航空会社だけでもこれだけあるというのは
個人的にはちょっと驚きだったりします。

そう考えると、日本はLCCの参入などで
プレイヤーが増えてきた状況ではあるものの、
まだまだマーケットが成熟していない、というようにも取れそうです。
単なるお国柄の違いかもしれませんが…。

ちなみに(ちよっと古いですが)、
2004年のデータに基づくアメリカの航空会社大手7社は、
以下の通りだそうです。

アメリカン航空
ユナイテッド航空
デルタ航空
ノースウェスト航空
コンチネンタル航空
サウスウェスト航空
USエアウェイズ
(出典:Aviation Now/航空の現代)

LCCのサウスウェスト航空以外は、見事に合併の話が出ていますね。

われわれ日本人の利用者からすれば、
統合により利便性の高いサービスが安価に提供される、
ということを期待したいところです。