こんばんは、日夜テロと戦う、
反テロ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

アメリカで1歳半の女の子がテロリストと間違えられて
搭乗を拒否されるという前代未聞な事件が発生しました。

Little Arab girl
Little Arab girl / andrew prickett


テロリスト:名簿に1歳半の女児 飛行機降ろされる- 毎日jp(毎日新聞)

テロリスト:名簿に1歳半の女児 飛行機降ろされる

 米南部フロリダ州の空港で、1歳半の女児が「テロリスト」として搭乗禁止名簿に記載されているとして、航空機から降ろされていたことが分かった。航空会社はすぐに間違いを認めて再搭乗を許可したが、激怒した両親は搭乗を拒否した。

 11日付のニューヨーク・ポスト紙によると、生後18カ月のリヤナちゃんと両親は3人とも米国生まれのアラブ系米国人。

 今月8日、親戚の家があるフロリダ州からニュージャージー州の自宅に帰るため、ジェットブルー航空便に乗ったところ「あなたの娘が搭乗禁止名簿に載っている」と告げられ、飛行機から降ろされた。

確認したらすぐに間違いに気づいたということは、
最初のチェックのタイミングでも気づけたということですから、やはりお粗末ですね…。

うちの子供も同じくらいの年頃なのでよく分かりますが、はっきり言って、無力です(笑)。
名前が一致したとか、そんな理由はあるのだとは思いますが、
普通に考えて1歳半の子供がテロ行為をできるわけがないと思うわけで、
間違いだと気づかない方がおかしいです。

管理人も近いうちに旅行を控えているので、同じような目にあわないことを祈りたいと思います。