こんばんは、ゴールデンウィークは自宅でひたすら仕事をする予定の
ゴールデン滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。
関係ありませんが、ゴールデンボーイって漫画、ありましたよね。

さて、ANAのゴールデンウィークの予約が好調で、
国内線、国際線ともに前年比120%以上だそうです。

IMGP1627IMGP1627 / fujikinoko


・GWの予約、国内・国際線共に前年比120%以上 – ANA | ライフ | マイナビニュース

GWの予約、国内・国際線共に前年比120%以上 – ANA

全日本空輸(ANA)はこのほど、4月27日~5月6日のゴールデンウィーク中のANAグル-プの予約状況を取りまとめ発表した。

発表によると、国内線は日並びの良さに加え、震災の裏年ということもあり、前年比122.5%、約100万4,000人と前年を大きく上回る予約数となっているという。期間中のピークは下り便が4月28日、5月3日、上り便が5月6日となっている。特に沖縄方面の予約が好調とのこと。

国際線も同様の理由の他、羽田 – フランクフルト線など新規路線が好調に推移したこともあり、約17万2000人(前年比121.4%)の予約数となっているとのこと。期間中のピークは日本発が4月27日28日、日本着5月5日6日となっている。北米線、リゾート線、アジア線の予約が好調。

記事中にもありますが、
前年比120%の前年が東日本大震災の影響で客足の鈍かった昨年ですので、
比較するのであれば一昨年と比べてどうなのか、という話になるような気もします。

というわけで、調べてみました。

・2011年度 ゴールデンウィーク ご予約状況|プレスリリース|企業情報|ANA

昨年4月22日のANAの発表によると、
昨年は、国内線が一昨年の90.4%、国際線は一昨年の108.8%となっています。

・2012年度 ゴールデンウィーク ご予約状況|プレスリリース|企業情報|ANA

また、この、今年4月20日の発表によると、
国内線は昨年の122.5%、国際線は昨年の121.4%です。

つまり、国内線は、一昨年ベースでは90.4%×122.5%=110.74%、
同様に国際線は、一昨年ベースで108.8%×121.4%=132.08%ということで、
昨年の震災による影響を抜きにしても順調ということが言えそうです。

まぁ、仕事で引きこもっている管理人には縁のない話ですが…。
ANAで出かける読者さんも多いと思いますが、管理人の分まで楽しんできてください(笑)!