こんばんは、宇宙大好き、スペース滝川@マネテク!です。
最近宇宙兄弟を最新刊の27巻まで一気読みして宇宙への興味が高まりつつあります(笑)。

そんな中で見かけたこのニュースを紹介します。

・膨らむ「宇宙ホテル」、試験機打ち上げへ (読売新聞) – Yahoo!ニュース

膨らむ「宇宙ホテル」、試験機打ち上げへ

読売新聞 3月21日(月)14時11分配信

米航空宇宙局(NASA)は、宇宙で風船のように膨らんで飛行士が暮らす空間を作り出す「膨張型居住棟」の試験機を4月8日、国際宇宙ステーション(ISS)に打ち上げる。

試験機を開発した米宇宙企業ビゲロー・エアロスペース社は将来的にホテルとしても活用できる民間宇宙ステーションを作る構想を持っており、その第一歩になる。

試験機の外壁は、強度の高い合成繊維製。折りたたんだ状態で打ち上げられ、ISSに結合させて膨らませる。膨らむと直径3・2メートル、長さ4メートルになり、体積は折りたたまれた状態の4倍の16立方メートルになる。試験機では、温度変化が激しく強い放射線を浴びる宇宙空間での耐久性などをまず調べる。

軽量でコンパクトな利点をいかし、NASAは将来の火星探査で活用することも検討している。

これすごいですね。
なんか思いっきり膨らませるような圧力をかけ続けないとペシャって潰れてしまうんではないかと一瞬思いましたが、宇宙は真空だから外側からの圧力はないってことなんでしょうかね。

生きている間に宇宙旅行が一般的になったら楽しいなあと思います。