こんばんは、羽田大好き、ビッグバード滝川@マネテク!です。

ちなみにこの記事を書いている今日も羽田空港第2ターミナルからANAで元気に旅立つ予定です(笑)。

さて、そんな羽田空港第2ターミナルが国際線共用ターミナルになるようです。

羽田第2ビル、国際線共用へ…五輪訪日客に対応

国土交通省は2020年3月末から、現在は国内線専用となっている羽田空港の第2ターミナルビルを、国際線との共用ターミナルとして運用する方針を固めた。

 20年夏の東京五輪・パラリンピックに向けて、国際線の増便や訪日外国人の増加に対応する。

 羽田空港のターミナルビルは現在3棟ある。日本航空などが使う「第1」、全日本空輸などが使う「第2」の2棟は国内線専用で、残る1棟を国際線専用としている。国際線ターミナルビルには駐機場、建物とも拡張する余地がない。

 このため、第2ビルを建て増しし、国際線エリアを設ける。専用の出入り口や入国審査などの施設、訪日客らが買い物できる免税品店なども作る。

東京オリンピックに向けた対応のようですが、東京オリンピックが終わった後も同等の訪日客を目指す、という意思表示のように感じました。

こうなると、成田空港の存在感がさらに低下してきますね。
羽田沖に滑走路がもう1本作られたりしたら、LCC/貨物専用空港になってしまう可能性も否定できないように思います。