こんばんは、日産大好き、日産滝川@マネテク!です。

物心ついた頃から、実家の車はいつも日産でした。
今でも、母と兄はノート、わが家はキューブと日産一色です。
ついでに、いとこの1人は日産で働いています。

さて、そんな日産が、新型の日産リーフを発表しました。

日産自動車、新型「日産リーフ」を発表

日産自動車は9月6日、同社のゼロ・エミッション車におけるリーダーの地位をより一層強固にする新型「日産リーフ」を初公開した。

同車は、新開発の40kWhリチウムイオンバッテリを搭載し、400km(JC08モード)の航続距離を実現する。また、最大出力110kW、最大トルク320Nmを発生する新型eパワートレインを採用。ユーザーより好評の加速性能をさらに向上させ、より一層のドライビングプレジャーを実現するとしている。

また、同車は3つの最新のインテリジェント・ドライビング技術を搭載している。1つ目は、高速道路の単一車線で、アクセル・ブレーキ・ステアリングのすべてを自動的に制御することで、ドライバーの負担を軽減し、運転をより快適にする「プロパイロット」。2つ目は、駐車開始から駐車完了まで、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」。3つ目は、アクセルペダルの操作だけで発進・加速・減速・停止までをコントロールできる「e-Pedal」。これにより、アクセルペダルから足を離すと、回生ブレーキと摩擦ブレーキを自動的に制御し車を減速させ、停車まで行う。傾斜がある路面においてもアクセルペダルから足を離すだけで停車保持が可能だ。

同社は今回発表したモデルに対し、さらに出力を向上させたモーターを搭載するとともに航続距離を伸ばした、ハイパフォーマンスモデルの発売を2018年に予定しているという。

なお、日本における全国希望小売価格は、グレードSが315万360円、グレードXが351万3,240円、グレードGが399万600円(いずれも税込み)。

(一部略して引用)

(参考リンク)
・日産自動車、新型「日産リーフ」を発表(画像13枚) | マイナビニュース

電気自動車の最大の弱点、航続距離が改善

個人的には、電気自動車の最大の弱点は、航続距離だと思います。
ガソリン車と違ってガソリンスタンドが街中の至る所にある、というわけではないので、街中でガス切れ、というか電池切れになった場合の不安はガソリン車の比ではないと思います。
ちなみに、自動車保険に付帯する一般的なロードサービスではガソリン切れの際の給油も含まれているケースがありますが、電気自動車の場合って、電池切れになったらバッテリーか何かを持って助けに来てくれるんですかね…。

その点、今回のリーフは航続距離が400kmまで伸びたのはかなりよい点だと思います。
ただ、わが家のキューブは満タンまでガソリンを入れるとだいたい600kmは走りますので、前述のようなガソリン車よりも電池切れに対する不安が大きいことを勘案すれば、航続距離はもっと長くして欲しいところではあります。

e-powerにも過渡期技術として注目

そういう意味では、同じ日産のe-powerは、電気自動車でありながらエンジンで発電するためガソリン車と同じ使い勝手が実現されている、という点で極めて優れていると思います。
もちろん、車自体は電気自動車ですから、リーフで培った電気自動車の技術が活用できるでしょうし、将来的な電気自動車への移行を見据えつつも現時点における現実的な解を提供する、という点で非常によいと思います。

まとめ:事業スコープの再定義は不可避

いずれにしても、どんどん変化していく自動車業界、マーケティングの観点からは、「自動車業界」と捉えるよりも、「ビークル業界」と捉えなおして事業戦略を再定義する姿勢が必要なのかもしれませんね。

今日のマネテクポイント

個人的には、e-powerに期待しています。
現在はノートだけですが、今後車種も増えるようです。